English Español 日本語

私たち

私たち

Chulapa wine Madrid vineyards

弊社は、マドリッドで誕生しました。In the Mood for Wine(ワイン気分で)、もしくはスペイン語で、”ganas de vino(ワインの楽しみ)”という名前です。情熱的なワイン愛好家の物語は、活気ある、本物の首都マドリッドに、パリからやってきました。マドリッドは、ヘミングウェイによる「どの街より、一番スペインらしい街」というだけではなく、街の喧騒から一時間未満のところにワイン畑もあるのです。 In the Mood for Wineは、まさにマドリッドのワインです。

マドリッドは、世界で唯一、ワインの原産地呼称をもつ首都だと言われています。ここで生産されるワインは、専門家や一般愛好家の間でも評判の高いものです。しかし、マドリッドのブドウ畑やワイン生産は有名でなく、地元だけで、大多数のワインは消費されています。実際、マドリッドというと、オリーブオイルやカンポ・レアルというオリーブといった、ワイン以外のグルメ製品の方が有名です。マドリッドのワインには、素晴らしいポテンシャルと大きな未来があるのに、まだそれが発揮されていないというのが実情です。

私たちは、この街、陽気な人たち、そしてもちろん、ここのワインを愛しているので、それぞれの国際的な仕事の経験を持ち寄り、エネルギーを集中して、マドリッドにワイナリーを立ち上げました。マドリッドに隠された宝物を明らかにして、皆さんと共有するのが、私たちのミッションです。マドリッドの優れたワインを世界中に広めたいのです。そのために、生き生きとして、飲みやすく、しかも複雑性があり、エレガントな、まさにマドリッドの街のようなワインを作るのが仕事です。

どうして、In the Mood for Wine なんてワイナリー名なのだろう?と不思議に思われるかもしれません。名前の由来は、ウォン・カー・ウァイ監督の中国映画「In the mood for love」です。とても美しい詩的な映画で、2000年のカンヌ映画祭でプレミア上映されました。映画のタイトルと、サウンドトラックは、このプロジェクトに多大なインスピレーションを与えてくれました。つい最近、中国語のオリジナルタイトルは「花様年花」で、花の時代という意味があったと知り、ますますこのタイトルが、私たちのワイナリーが作るマドリッドのワインにぴったりだということが分かりました。

In the Mood for Wine CEO、 & 創業者 パンテア・サルマディ